デリケートゾ-ンは無毛になったほうがいい?

VIO脱毛などと呼ばれるデリケートゾーンを無毛にしてしまう脱毛方法は「ハイジニーナ」と呼ばれています。脱毛サロンでも全身脱毛をメニューにいれているところがほとんどですし、女性としては、髪の毛や眉毛、まつ毛以外の毛はなくてもいいくらいな気になってしまいますが、実はそんなこともないようです。

 

もちろん、このデリケートゾーンは脱毛すれば、水着になる時だったり、人前で着替えたりする時もとても楽にはなってきますが、デリケートゾーンであるVライン、Iライン、Oラインを完全になくしてしまうと取り返しがつかないこともあるので、ハイジニーナになる前の注意ポイントをご説明させていただきます。
ハイジニーナ脱毛体験者が語るVIO脱毛のデメリット

ハイジニーナにする前に知っておくべき注意点

  • Vライン

デリケートゾーンとしては、一番やりたい部分がVラインだと思います。これは温泉やスパなどでお風呂に入った際に人にも見える部分だからです。この部分をハイジニーナにしてしまうと、普段、お風呂で洗ったりするときには洗いやすく、生理の時にむれなくて楽といったメリットはあります。ただし温泉などに行った時にすれ違いざまにじろじろみられて恥ずかしかった経験をされている方は多く、温泉に行ったら常に隠しているといった方も結構います。また彼氏に見られた時に、ハイジニーナであることにびっくりされるということも結構あるようです。ハイジニーナの方の体験談としては、「遊んでいるようにみられた」「風俗にいたことがあると誤解された」などがありました。
一度毛をなくしてしまうと戻すことはできないので、このあたりをハイジニーナ(無毛)にすることは本当に後悔しないかどうかを今一度考えてから行いましょう。
Vラインについては、徐々に毛を減らしていき、形を整えて、キレイなトライアングルの状態で毛残すという方法が一番人気があるようです。

 

  • Iライン

このあたりは、温泉などに行ったときにも基本的には人に見られない部分なので完全に毛をなくしてしまいたいという方が多いようです。ですが、ここについては、生理の時にナプキンに直接粘膜部分が触れてしまうことで、生理の経血が伝い漏れしやすくなってしまったり、ナプキンが擦れて痛く感じるようになってしまったという方もいるようです。なので、敏感肌の方は特にこのあたりを考慮したほうがよいかもしれません。
また、Iラインはナプキンによってかぶれてしまいがちな部分なので、ハイジニーナにして毛が完全になくなった後に色素沈着に気がつく事が多い部分でもあります。色素沈着を彼氏にみられてしまうことを考えて減らす程度でやめる方もいます。

 

  • Oライン

Oラインの毛自体はなくしてしまっても機能上も見た目上も特に問題はありませんが、Iライン以上にかなり粘膜に近い部分なので施術の時に恥ずかしいということが高い部分のひとつです。
また、デリケートゾーンの脱毛は、その他の部位以上.痛みが強い部分になりますが、なかでもOラインは痛みが強いといわれているので、施術を受ける前に事前にカウンセリングで相談をしておいたほうがいい点でもあります。
デリケートゾーンの脱毛は、やっぱり他の部位に比べて敏感な場所なので痛みも強くなります。また他の部位よりも毛が太いこともあり、1回で済ませるようなことはできず、ある程度の回数を通う必要がでてきます。医療脱毛の場合であれば、麻酔クリームなどを使ってもらうことは可能です。

 

 

ハイジニーナにしている芸能人

ハイジニーナにしていることを公表している芸能人を参考情報としてまとめてみました。まずハイジニーナを日本で世に知らしめた存在は、叶姉妹といわれています。
特にお姉さんの叶恭子さんは、毛がないだけでなく、蝶のタトゥーをその上に入れているのを写真集でも公開し話題になりました。
日本では、叶姉妹の影響を受けて、ハイジニーナにする方が増えたといわれています。

 

その他の芸能人では、指原莉乃さん、ダレノガレ明美さん、峯岸みなみさんマギーさんなどがテレビでもハイジニーナであることを公表していたようです。
また女性芸能人だけでなく、実は男性芸能人でハイジニーナにされている方はいます。ハイジニーナを公言していて有名な方はGACKTさんです。やはり見られる職業の方々は、細かくこだわって処理をされており、公言している方も増えています。
それを聞くファンの方々や一般の方々も多少なりとも影響は受けているのかもしれません。