指や手の甲、足の甲は人の目に触れることも多い

基本的に外に露出されたままのパーツである指や手の甲は人の目に触れることも多いので、人のことは結構気になってたりします。また足の指毛や足の甲に生えている方もいますが、夏場にサンダルになったり、裸足になったりした際にはやはり目に止まってしまう部位になります。

 

にも関わらず、実は、意外ときちんと脱毛処理をしていない人がいたりするパーツでもあります。

 

理由としては、それぞれあると思いますが、毛深い方は、まずは気になるワキやVライン、腕やスネなどから取り掛かることが多く、脱毛サロンやクリニックでも指毛や手の甲で別の値段設定にしていることもその要因の一つとなるようです。
脱毛業界のビジネス上の理由になってしまうのでしょうが、個人的には腕、足といった区切りで値段設定してくれればなーといつも思っています。

 

指毛と手の甲に脱毛にかかる時間、料金、効果はどのくらい?

 

男性から見た時の女性の指毛の印象

男性から見た時に恋心が冷めてしまうムダ毛の部位に指毛が入っているようです。指輪などのリングやブレスレット、ネイルなどが生えるためにもやはりこのあたりのお手入れはしておいたほうが女性らしさは格段にあがるパーツになります。

 

みんながやっている指毛の脱毛方法は?

指毛の脱毛方法としては以下の方法が使われています。

 

・毛抜きで抜く
・除毛クリームでの処理
・電気シェーバーで剃る
・カミソリで剃る
・エステサロンでの光脱毛
・医療脱毛

 

指毛と手の甲に脱毛にかかる時間、料金、効果はどのくらい?

 

他のパーツと異なり、手の甲や指の毛については、そのまま放置、もしくは自己処理をしている方が多いパーツです。なかでも指毛は毛抜きなどで抜いている方が多いようですね。量も面積も少なく痛みも我慢できるということも理由にあるようですね。ただ、指毛に限らないのですが、「毛を抜く」という行為は、毛穴が炎症を起こしたりしやすいのでできるだけ避けた方がいい方法です。また毛を抜くということを繰り返すことで、毛が埋もれてしまう、「埋もれ毛」と呼ばれる「埋没毛」という状態が起こります。これは毛が皮膚の中に埋まってしまうトラブルが起こりやすくなる状態なので、皮膚自体に炎症を起こし、毛穴が目立ってしまうということもあるので気をつけた方がいいでしょう。

 

指毛と手の甲の脱毛のメリット・デメリット

  • メリット

■自宅での自己処理の場合
処理を行う面積が小さいので、自己処理でも手軽で短時間で済ませることが可能なパーツです。

 

 

■エステサロンでの光脱毛の場合
面積が小さいのでかかる時間が短く、料金を安くすませることができるパーツです。

 

■クリニックでの医療脱毛の場合
医療脱毛はやはり効果が高く、また面積が小さいのでかかる時間が短く、料金を安くすませることができるパーツです。

 

  • デメリット

■自宅での自己処理の場合
抜くことが多くなりがちな指毛については、自己処理を繰り返すことで毛穴が目立ってしまいます。また毛穴の炎症を起こしてしまうことがあるので要注意。また無意識に指で毛を抜いている姿はかなり男性が幻滅する行動なので要注意。

 

■エステサロンでの光脱毛の場合
個人差もありますが、骨が近い場所なので、比較的痛みを感じやすい部位になります。

 

■クリニックでの医療脱毛の場合
個人差もありますが、骨が近い場所なので、比較的痛みを感じやすい部位になります。

 

手の甲、指毛の脱毛範囲はどこからどこまで?

足の甲も手の甲も同じですが、甲の部分と指の毛までが含まれる範囲がほとんどです。
指毛と手の甲に脱毛にかかる時間、料金、効果はどのくらい?指毛と手の甲に脱毛にかかる時間、料金、効果はどのくらい?

 

手の甲、指毛の脱毛範囲〜一回の処理にかかる時間、料金はどのくらい?〜

■エステサロンでの光脱毛の場合
4000円から6000円くらい、必要な回数は12回程度が目安です。

 

 

■クリニックでの医療脱毛の場合
8000円から9000円で必要な回数は5-6回くらいが目安です。