背中の毛はひと目につきやすい

背中の毛は、自分の目で直接みることがあまりないパーツなので、ついついムダ毛処理を忘れがちですが、人の目にはとても止まりやすい部分です。
海やプールに行くことで水着になる時や結婚式などで露出するようなドレスなどを着る時、またジムなどで人前で着替える機会がある時などにふと「処理しないと」と気がついたりする部分でもあります。
また見えにくい部分なのと範囲が広いこともあり、自己処理を行った場合にはトラブルを起こしやすい部分でもあるといわれています。特に自己処理で多いカミソリを使った場合に、見えにくいことで肌を傷つけて炎症を起こしてしまったり、その後ニキビのような毛嚢炎といった炎症を起こしてしまうことも多い部分でもあります。

 

背中は人からであれば見えやすく、脱毛処理も行いやすいパーツでもあるので、気になる方は、光脱毛や医療脱毛を行っていくことを強くおすすめするパーツの一つになります。

 

背中の脱毛はどのくらい回数をやると実感できる?

背中は面積が多いということもありますが、実は毛の質に個人差がある部分でもあります。光脱毛でも医療脱毛のレーザー脱毛であっても、脱毛を行う構造としては、毛の毛根の黒い部分に反応する性質を利用することがほとんです。(一部の光脱毛を除く)よって、産毛が多い場合、毛が黒くないので、毛が濃い人よりも時間や回数が多くなることがあります。

 

背中の脱毛範囲は3つに分けた料金設定なことがほとんど

エステサロンでも美容皮膚科などのクリニックでも背中の脱毛はほとんどが、肩甲骨の上と肩甲骨の下と分けられる事が多いようです。脱毛面積が大きいことから、「Lパーツ」などといった呼ばれ方で料金設定されています。またうなじとなる襟足部分は、背中とつながっていますが、肩甲骨上の背中の上部分には含められない事が多く、うなじは別料金設定となると考えておいたほうがよいでしょう。こちらは面積が小さいためSパーツとして設定されていることがほとんどです。
背中の脱毛の回数や時間、金額はどのくらい?

 

  • 光脱毛の場合
    • 1回目:あまり変化は感じません。

       

      6回目:毛の周期となる2,3ヶ月に一度の処理を続けた場合、6回ほど経過するとようやく毛の本数の減りや毛の質が硬い毛が少しやわらかくなったり、細くなってきていることを実感できます。

       

      12回目:大半の毛が薄く、産毛に近い状態になってきますので、このあたりで 自己処理がほとんどいらないレベルにはなってきます。

       

      • 医療脱毛の場合
        •  

          1回目:医療脱毛は光脱毛よりも脱毛の効果が高く、実感しやすいため、初回から毛の全体の10%から15%ほどの毛をなくすことができます。これは、肌の表面に出ている毛をなくせるような状態です。

           

          3回目:毛が薄くなったと自分でも実感出来てくる段階になってきます。

           

          6回目:早い方は5回目くらいからほとんどなくなってきます。回数の目安としてはエステサロンの光脱毛の半分くらいの回数で終了します。
          />

           

          光脱毛の場合にかかる期間、回数はどのくらい?

          ■毛が薄めの方の場合
          背中の脱毛の回数や時間、金額はどのくらい?
          ■毛が濃い方の場合
          背中の脱毛の回数や時間、金額はどのくらい?

           

          医療脱毛場合にかかる期間、回数はどのくらい?

          ■毛が薄めの方の場合
          背中の脱毛の回数や時間、金額はどのくらい?
          ■毛が濃い方の場合
          背中の脱毛の回数や時間、金額はどのくらい?

           

          背中の脱毛の料金の目安

          背中のみの金額の単価の目安は以下のとおりとなります。ただし、背中の処理を行う場合、おそらく他の部位も気になっていると思いますので、全身脱毛を選んだ方かなり安くなったり、回数無制限となるキャンペーンなどを利用されたほうが良い場合もあります。

          • 光脱毛の場合

          1回あたり、5000円前後のところが多いですが、キャンペーンプランを利用することでお得になることも結構あります。

          • 医療脱毛の場合

          背中上部、下部のどちらも1回あたりの金額は10000円強のところが多いようです。